聴診器

医療機器に決められたルール

医療機器の製造や販売は、許可を得て登録をしないと行うことができません。そのため、日本国内で製造して販売している業者は、相応の基準をクリアしている業者であると判断できるので、安全性は非常に高いと判断できます。医療機器は、人間の人体に対して影響を与える順に医療機器を分類しているため、その分類に合わせた製造や販売を行わなくてはいけません。
一般的に、日本国内で定義されている医療機器の製造を行う業者は、販売業者から委託を受けて製品の製造を行うものであると原則的に考えられています。実際に作られた製品は、業務を委託した許可を得た販売業者か、その製品を作成した製造業者にしか扱うことができないため注意が必要です。
これは、実は中古の医療機器を取り扱うときであっても同じです。医療機器は、素人が勝手に利用することができないように、専門業者が中古買取を行っています。専門の業者に古くなった医療機器を売却したり譲ることによって、素人が勝手に持ち出したり使わないようにしているわけです。
当然ですが、許可なく素人に医療機器を販売する行為は犯罪行為に該当しますので、医療機器を扱うときにはルールに従って利用しなくてはいけません。

Pick Up